幹事 神田 健次 KENJI KANDA
  • 生活産業常任委員会委員
  • 公共施設対策特別委員会委員長
  • 予算決算常任委員会委員
〒520-0502南小松1118番地の1
令和3年度の抱負
令和3年度の大津市各会計は一般会計約総額1,229億円・特別会計8会計約721億円・企業会計3会計約326億円で合計2276億円となっています。
大津市当初予算の主な事業については庁舎整備基本構想策定業務・歴史的風致維持向上計画事業・中消防署施設整備事業・学校夢づくりプロジェクト事業・ICTを活用した次世代教育推進事業についての進捗状況を注視して参りたいと考えています。
さて、大津市・志賀町合併建設計画が5年間延長されたことにより、次のまちづくりの実現に向けて努力して参ります。
自然を生かしたまちづくり、グランピング施設の完成は新しい生活様式の観光施設として注目してまいります。
暮らしと活動を支えるまちづくりはJR湖西線各駅のバリアフリー化はまず、比良駅のバリアフリー化事業の推進をして残り4駅についても随時整備と駅前広場の整備の推進をして参ります。
生き生き暮らせるまちづくりは大津市で唯一ない生涯活動の拠点整備の推進をして参ります。
安心・安全のまちづくりは大津市における山岳・水難救助事故の約6割近くが市北部地域で発生してといることから、山岳・水難救助に対応できる専任救助隊の設置について推進してまいります。
以上の実現に向けて頑張りますのでご指導・ご鞭撻をお願い致します。

神田 健次のYouTube動画を見る

Q&A

なぜ市議会議員になろうと思ったのですか?
大津市北部が発展をするように大津市へ声を届ける為
大津をどうしていきたいですか?
大津市北部の人口減少をくい止めるとともに、地域住民の防災意識の高揚と防災機能の充実をするとともに比良山と琵琶湖の自然を大切にし、観光資源を利用して、観光事業を発展さして活力のある大津市北部実現.
あなたの思う理想の大津市とは?
滋賀県の県都として全国に誇れる大津市
力を入れたいと思うことはなんですか?
人口減少のくい止めと地域の特色を持ってバランスある発展
新和会の今後の展望、構想などお聞かせください。
行政改革を実施して若者等の集える活気のある地域をリードする新和会

クリックで画像が拡大されます。